こんなとき、期間の最終日はいつ?入管の日数計算

出国の日から1年間有効、交付の日から3か月間有効、発行日から6か月以内のものを提出して下さい、などなど入管では期間を定めています。日がせまってきて、あれっ正確には何日までだったけ?なんてあせったことありませんか。

こんなとき、期間の最終日はいつ?

まず、年、月の単位で定められている場合をみてみましょう。

●「出国の日から1年間有効」の場合
いつまで入国すればいいのでしょう。

(例)出国日が2020年10月12日
   →2021年10月12日まで再入国できます
   ※ 在留期限内であることも必要です

●「交付の日から3か月間有効」の場合

在留資格認定証明書にはこんなふうに書かれています。
(例)交付日が2020年10月12日
   →2021年1月12日まで有効です

●「発行日から6か月以内のものを提出」の場合

外国で作成された文書を提出するときは、6か月以内のものとされています。
(例)発行日が2020年10月12日
   →2021年4月12日までに提出します

簡単ですね。起算日から1年、3か月、6か月後の応当日まで有効と覚えておけば足ります。

つぎに、日の単位で定められている場合はどうでしょう。

●「14日以内に届ける」の場合

離婚したら14日以内に入管に届けなければなりません。
(例)離婚日が2020年10月26日
   →2020年11月9日まで届けてください。

計算のしかたをご説明します

民法140条以下の規定にしたがって計算します。

年、月の単位の場合

ややこしい表現ですが、こうなります。
まず、初日は不算入ですので翌日からスタートします。この日から、年又は月の応当日を探して、その前日が最終日です。最終日が閉庁日であればその直近の開庁日が最終日です。

たとえば、応当日の前日が土曜日(閉庁日)なら、次の月曜日(開庁日)が最終日です。

日の単位の場合

日の単位の場合もおなじです。翌日からスタートして、指折り数えた日の前日が最終日です。最終日が閉庁日であればその直近の開庁日が最終日です。

補足

在留期限を更新する申請で、在留期限が閉庁日だったら、いつまでに申請しなくてはならないでしょうか。答えは、閉庁日の直近の開庁日が申請の最終期限です。

たとえば、ゴールデンウイーク中に在留期限がくる場合は、ゴールデンウイーク明けの最初の開庁日が最終期限です。

これを過ぎると面倒なことになりますので、くれぐれもご注意ください。

何ごとも余裕をもってするのが、精神安定上よろしいようです。

新潟市中央区女池南2-2-10-2C
佐々木行政書士事務所

こんなとき、期間の最終日はいつ?入管の日数計算

投稿者:

アバター

佐々木啓

入管申請は、人生に関わる仕事であることを肝に銘じ取り組んでいます。