なんと!英語なら日本語の訳文が不要の場合があります

入管に提出する書類が外国語で書かれている場合は日本語の訳文を提出しなければなりません。ただ、英語で書かれているものは例外として原文のまま提出できるものがあります。