罰則

申請書に「※交通違反等による処分も含む」が追加された意味

申請の種類によらず、申請書の1枚目、申請人等作成用1は共通しています。この15番目の項目に「犯罪を理由とする処分を受けたことの有無」があります。そして、その後ろに「※交通違反等による処分も含む」が「いつの間にか」追加され …

申請書に「※交通違反等による処分も含む」が追加された意味 もっと読む »

それってブローカー!?

行政書士は、日本行政書士会連合会主催の申請取次実務研修会を3年おきに受講し効果測定をパスしないと入管から届出済証の交付を受けられず業務を行えません。

商用ビザであれば短期ビザでも働けるなんて大きな間違いです

短期滞在ビザであっても、商用であれば外国人を雇えると思っている事業主がしばしば見受けられます。 たとえば、Aさんに短期滞在ビザ(商用)で90日間働いてもらいその後帰国、入れ替わりにBさんに90日間働いてもらう。その次はC …

商用ビザであれば短期ビザでも働けるなんて大きな間違いです もっと読む »

不法就労と知らずに雇ってしまった!対処手順をご紹介します

日本にいる外国人は、法律で働いてもいい人と働いてはいけない人が定められています。これを特に意識せず、働いてはいけない人を雇ってしまいその後気付いた場合、雇い主はどうしたらいいのでしょう。雇い主がしなければならないことをま …

不法就労と知らずに雇ってしまった!対処手順をご紹介します もっと読む »

不正な申請には入管法の罰則、不利益な事実を隠すのも不正に

【この記事のポイント】 いままでは、虚偽の申請にたいする罰則はありませんでした こんごは、虚偽の申請自体が取り締まりの対象になります 不正な申請をする一部の行政書士に退場を迫るきっかけになることを期待します しかし、虚偽 …

不正な申請には入管法の罰則、不利益な事実を隠すのも不正に もっと読む »