ご存知ですか?「国際業務」が「人文知識」の基準で審査されるケース

技術・人文知識・国際業務のうち、「国際業務」カテゴリーとされている仕事であっても、実務経験が不問となることが通訳・翻訳以外にもあることをご存知ですか?入管の審査要領をもとにご説明します。

続きを読む ご存知ですか?「国際業務」が「人文知識」の基準で審査されるケース

新型コロナ禍で解雇・自宅待機!そんなときの入管手続ガイド

新型コロナ禍の影響で、解雇、自宅待機などとなった方への救済策があきらかになりました。対象となるのは、技術・人文知識・国際業務、技能、特定技能などの就労資格全般です。ただし、技能実習は除かれます。

続きを読む 新型コロナ禍で解雇・自宅待機!そんなときの入管手続ガイド

退職前にとって安心、就労資格証明書

就労資格証明書をとっておいたほうがよい場合が3つあります。

  1. 退職の前、転職予定先から内定をもらっているとき
  2. 退職の後、就職活動中であるとき
  3. 転職の後、在留期間の更新をする前
続きを読む 退職前にとって安心、就労資格証明書

離婚後や退職後のみなし再入国には気をつけてください

「日本人(永住者)の配偶者等」の方が離婚後、本国に何度も行き来することや「技人国」など就労資格を持つ方が退職後、本国に何度も行き来すること、さらに「留学」生が学校をやめた後、本国に何度も行き来することはできるなら控えてください。何度も繰り返しているとその後の在留資格の変更や期間更新が不許可となるリスクが高まるからです。

続きを読む 離婚後や退職後のみなし再入国には気をつけてください

ワーキングホリデーから在留資格を変更して雇用できる国は

ワーキングホリデーで働いてもらっている若者を今後は正式に雇いたいと考えている方。まずは二国間協定を確認しましょう。

続きを読む ワーキングホリデーから在留資格を変更して雇用できる国は

永住申請で3年分の納税証明書を提出するときの注意点

定住者、就労資格または家族滞在で日本に在留する人が、永住許可申請をする場合、過去3年分の納税証明書を提出しなければなりません。

続きを読む 永住申請で3年分の納税証明書を提出するときの注意点

もし解雇されたら?在留資格と入管手続を整理しました。

もし、解雇されてしまったら在留資格はどうなるのだろう?とご心配の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、外国人のお友達が勤めていた会社を解雇されて相談を受けている方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、入国管理局の入国・在留審査要領(いわゆる審査要領)から会社都合で解雇された場合の在留等をご紹介します。

続きを読む もし解雇されたら?在留資格と入管手続を整理しました。