退職前にとって安心、就労資格証明書

就労資格証明書をとっておいたほうがよい場合が3つあります。

  1. 退職の前、転職予定先から内定をもらっているとき
  2. 退職の後、就職活動中であるとき
  3. 転職の後、在留期間の更新をする前

“退職前にとって安心、就労資格証明書” の続きを読む

離婚後や退職後のみなし再入国には気をつけてください

「日本人(永住者)の配偶者等」の方が離婚後、本国に何度も行き来することや「技人国」など就労資格を持つ方が退職後、本国に何度も行き来すること、さらに「留学」生が学校をやめた後、本国に何度も行き来することはできるなら控えてください。何度も繰り返しているとその後の在留資格の変更や期間更新が不許可となるリスクが高まるからです。

“離婚後や退職後のみなし再入国には気をつけてください” の続きを読む

永住申請で3年分の納税証明書を提出するときの注意点

定住者、就労資格または家族滞在で日本に在留する人が、永住許可申請をする場合、過去3年分の納税証明書を提出しなければなりません。

“永住申請で3年分の納税証明書を提出するときの注意点” の続きを読む

中国人の就労ビザ、大学卒業と同等以上って何?審査要領

就労ビザ(技術・人文知識・国際業務)を得るには、原則として大学を卒業し又はこれと同等以上の教育を受けた者でなければなりません。

今回は、審査要領などをもとに中国の教育機関と「大学と同等以上の教育」について書きます。

ご参考になれば幸いです。

“中国人の就労ビザ、大学卒業と同等以上って何?審査要領” の続きを読む

もし解雇されたら?知っておきたい在留資格と入管手続

もし、解雇されてしまったら在留資格はどうなるのだろう?とご心配の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、外国人のお友達が勤めていた会社を解雇されて相談を受けている方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、入国管理局の入国・在留審査要領(いわゆる審査要領)から会社都合で解雇された場合の在留等をご紹介します。

“もし解雇されたら?知っておきたい在留資格と入管手続” の続きを読む

転職したら?就労資格証明書があればビザ更新も安心

転職をしたけれども、次のビザの更新は大丈夫だろうか?

就労系の在留資格は、勤務先の会社やそこでのあなたの仕事内容が審査されたうえで認められたものです。

ですから、勤務先の会社が変わればすべて振り出しに戻って審査されますので、ビザの更新が不安になるのはもっともなことです。

今回は、そんなあなたのために「就労資格証明書」をご紹介します。

“転職したら?就労資格証明書があればビザ更新も安心” の続きを読む

就労資格からの永住申請!5つのチェックポイント

就労資格で働いていて、将来もずっと日本で働き続けたいと思っている。で、入管のHPを参考に永住申請に必要書類は揃えたけれども、これで大丈夫かな?と思っている方。

今回は、そんな方のために就労資格からの永住申請について5つのチェックポイントをお教えします。

お役に立てば幸いです

“就労資格からの永住申請!5つのチェックポイント” の続きを読む

留学から就労資格への在留資格変更

東京入国管理局新潟出張所からの留学生の方へ重要なお知らせがありますので、アップします。

就職が内定したとして「就労資格」への在留資格変更許可申請を行う外国人の方へ

平成28年春に就職が内定したとして「留学」、「特定活動」等の在留資格から「就労資格」への在留資格変更許可申請を行った結果、許可が見込まれるハガキを受領した場合は、以下の時期に許可(在留カードの交付または証印)を行いますので、お知らせいたします。

“留学から就労資格への在留資格変更” の続きを読む