同居

同居は婚姻関係の実体を判断する一要素にすぎないとした判例

今回は、日本人の配偶者等の資格該当性について判例(京都地裁平27.11.6、判例時報No.2303)がどのような事実に注目して別居していても婚姻に実体があるとしたか、についてご紹介します。 日本人の配偶者に役立つ判例(同 …

同居は婚姻関係の実体を判断する一要素にすぎないとした判例 もっと読む »

日本人の配偶者に変更したいが完全には同居していないとき使える判例

仕事や家庭の事情で同居しているのは週末だけ。そんな中、在留資格を日本人の配偶者等に変更の申請をしたいと考えている。こんなとき入管は夫婦が同居していない日数が長いことを理由に申請を不許可とするのでは…。 このよ …

日本人の配偶者に変更したいが完全には同居していないとき使える判例 もっと読む »