退職後に就職活動するときの入管手続き

退職して就職活動をするとき、入管にどのような手続きが必要なのか。会社都合と自己都合、在留期限前と期限が近づいてきたとき、あわせて資格外活動許可について場合に分けてご説明します。

“退職後に就職活動するときの入管手続き” の続きを読む

離婚後や退職後のみなし再入国には気をつけてください

「日本人(永住者)の配偶者等」の方が離婚後、本国に何度も行き来することや「技人国」など就労資格を持つ方が退職後、本国に何度も行き来すること、さらに「留学」生が学校をやめた後、本国に何度も行き来することはできるなら控えてください。何度も繰り返しているとその後の在留資格の変更や期間更新が不許可となるリスクが高まるからです。

“離婚後や退職後のみなし再入国には気をつけてください” の続きを読む

現場報告!ワーキングホリデーからの在留資格変更

ワーキングホリデー(特定活動)で滞在している方の在留資格変更の申請はどの国の出身者でも可能です。ただ、実をいうとこの結論に達するまでさまざまな見解の相違があって振り回されました。今回はそのことをご紹介します。

<この記事のポイント>

審査要領と違う現場の取扱い

“現場報告!ワーキングホリデーからの在留資格変更” の続きを読む

日本人の配偶者等から定住者への変更のポイント

日本人の配偶者等あるいは永住者の配偶者等のかたが配偶者と離婚・死別した場合、定住者に変更するにはどのような条件が必要なのかをご紹介します。

<この記事のポイント>

  • 審査要領での条件
  • 在留を認めるべき特別な事情とは
  • 入管の公表事例にみる条件

“日本人の配偶者等から定住者への変更のポイント” の続きを読む

留学から就労資格への在留資格変更

東京入国管理局新潟出張所からの留学生の方へ重要なお知らせがありますので、アップします。

就職が内定したとして「就労資格」への在留資格変更許可申請を行う外国人の方へ

平成28年春に就職が内定したとして「留学」、「特定活動」等の在留資格から「就労資格」への在留資格変更許可申請を行った結果、許可が見込まれるハガキを受領した場合は、以下の時期に許可(在留カードの交付または証印)を行いますので、お知らせいたします。

“留学から就労資格への在留資格変更” の続きを読む

新たな告示外定住~家族滞在からの変更

家族滞在かぞくたいざい在留資格ざいりゅうしかくちいさいころから日本にほんでくらすどもたちが、高校こうこう卒業そつぎょうしたあとも日本にほん就職しゅうしょくできるみちがひらかれました!

“新たな告示外定住~家族滞在からの変更” の続きを読む

短期滞在からの在留資格変更②

日本に中長期滞在する目的をもって、短期滞在ビザで入国しその後在留資格変更許可申請を行うのは、在留資格認定証明書の制度を逸脱するとまではいえないとしても入管にとって好ましいやり方ではありません。

そのため短期滞在からの資格変更には「やむを得ない特別の事情」が必要です。

“短期滞在からの在留資格変更②” の続きを読む