高度人材で在留する方が基準の緩和でどんどん増えています

2012年にスタートした外国人高度人材を日本に呼び込む政策はその後2回の認定基準の緩和が行われました。2020年6月時点で、在留資格「高度専門職」で在留する外国人は16,286人となっています。