たとえ商用であっても短期ビザで雇用するのは違法です

短期滞在ビザであっても、商用であれば外国人を雇えると思っている事業主がしばしば見受けられます。

たとえば、Aさんに短期滞在ビザ(商用)で90日間働いてもらいその後帰国、入れ替わりにBさんに90日間働いてもらう。その次はCさん、そしてまたAさん。といった具合に数人の外国人の方に交代で働いてもらうといったやり方が適法だと誤解しているのです。

続きを読む たとえ商用であっても短期ビザで雇用するのは違法です

不法就労と知らずに雇ってしまった!対処手順をご紹介します

日本にいる外国人は、法律で働いてもいい人と働いてはいけない人が定められています。これを特に意識せず、働いてはいけない人を雇ってしまいその後気付いた場合、雇い主はどうしたらいいのでしょう。雇い主がしなければならないことをまとめてみました。ご参考になれば幸いです。

続きを読む 不法就労と知らずに雇ってしまった!対処手順をご紹介します

不法就労助長とみされないための3つの防御策

【この記事のポイント】

  • 雇用した外国人が不法滞在(就労)だと知らなかったとしても処罰される可能性があります
  • 不法就労助長罪とされないための3つの手順を説明します
  • 雇用主に不法就労助長罪が成立する典型例を説明します
続きを読む 不法就労助長とみされないための3つの防御策

住所の届出は重要!罰金や在留資格が取消されることも

在留カードによる中長期在留者の在留管理制度の下では、法務大臣がその住所関係を把握することは必要不可欠とされています。

ですので、中長期滞在者にはその住所地の届出義務を課し、届出を怠った場合には重いペナルティーが与えられます。

続きを読む 住所の届出は重要!罰金や在留資格が取消されることも