日本人の配偶者|理由書の書き方|基本的な考え方

全ての在留資格は、日本で何をするのかに応じて定められています。就労資格はもちろんのこと、たとえ日本人の配偶者等のような身分や地位に基づいて与えられる在留資格であっても、やはり日本での活動内容に主眼がおかれていることに変わりはありません。

“日本人の配偶者|理由書の書き方|基本的な考え方” の続きを読む

留学から就労資格への在留資格変更

東京入国管理局新潟出張所からの留学生の方へ重要なお知らせがありますので、アップします。

就職が内定したとして「就労資格」への在留資格変更許可申請を行う外国人の方へ

平成28年春に就職が内定したとして「留学」、「特定活動」等の在留資格から「就労資格」への在留資格変更許可申請を行った結果、許可が見込まれるハガキを受領した場合は、以下の時期に許可(在留カードの交付または証印)を行いますので、お知らせいたします。

“留学から就労資格への在留資格変更” の続きを読む

新たな告示外定住~家族滞在からの変更

家族滞在かぞくたいざい在留資格ざいりゅうしかくちいさいころから日本にほんでくらすどもたちが、高校こうこう卒業そつぎょうしたあとも日本にほん就職しゅうしょくできるみちがひらかれました!

“新たな告示外定住~家族滞在からの変更” の続きを読む

離婚した中国人先妻との離婚登記がまだなのに他の中国人と結婚できる!?

中国人と結婚したものの、なんらかの事情で離婚し、その後また別の中国人と再婚というケースがあります。

このようなケースでは、中国での後婚の結婚登記に先立って前婚の離婚届が出されているかどうかが重婚禁止との関係で気になるところです。

今回は、実際に出会ったケースをもとに書きます。

“離婚した中国人先妻との離婚登記がまだなのに他の中国人と結婚できる!?” の続きを読む

退職後3か月以上経過してからの経営・管理への変更

在留資格には資格ごとに定められた活動内容があります。定められた活動を3か月以上行っていないと在留資格は取り消されることがあります。

“退職後3か月以上経過してからの経営・管理への変更” の続きを読む

所得証明書が発行されないときは

日本人の配偶者等の在留期間更新の際、提出するものの中に

配偶者(日本人)の方の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの)があります。

しかし、これらが発行されないときはどうしたらいいのでしょうか?

“所得証明書が発行されないときは” の続きを読む

先に日本で入籍すると中国の婚姻証明書は発行されません

中国人の婚約者に短期滞在ビザで来日してもらい、日本の役所で婚姻届けをしたあと一旦帰国。

その後、改めて在留資格認定証明書交付申請を行い呼び寄せることをお考えの方もいると思います。

その際の注意点は…。

“先に日本で入籍すると中国の婚姻証明書は発行されません” の続きを読む

在留資格「技能」の期間更新

外国料理のコック、シェフを呼び寄せるときの在留資格は「技能」です。

「技能」で来日し、職場を転々とすることなくしかるべき外国料理店で働いていれば、在留期間更新はなんら問題はないはずです。しかし…。

“在留資格「技能」の期間更新” の続きを読む