退職前にとって安心、就労資格証明書

就労資格証明書をとっておいたほうがよい場合が3つあります。

  1. 退職の前、転職予定先から内定をもらっているとき
  2. 退職の後、就職活動中であるとき
  3. 転職の後、在留期間の更新をする前

“退職前にとって安心、就労資格証明書” の続きを読む

離婚後や退職後のみなし再入国には気をつけてください

「日本人(永住者)の配偶者等」の方が離婚後、本国に何度も行き来することや「技人国」など就労資格を持つ方が退職後、本国に何度も行き来すること、さらに「留学」生が学校をやめた後、本国に何度も行き来することはできるなら控えてください。何度も繰り返しているとその後の在留資格の変更や期間更新が不許可となるリスクが高まるからです。

“離婚後や退職後のみなし再入国には気をつけてください” の続きを読む

永住申請で3年分の納税証明書を提出するときの注意点

定住者、就労資格または家族滞在で日本に在留する人が、永住許可申請をする場合、過去3年分の納税証明書を提出しなければなりません。

“永住申請で3年分の納税証明書を提出するときの注意点” の続きを読む

新潟市の農業支援外国人受入事業

新潟市は2018年5月から国家戦略特区制度の一環として農業支援外国人受入事業を開始しました。

この事業はごく簡単にいえば、人材派遣会社が、農業の技能実習を終えた外国人を雇用して、農業生産法人や個人農家に派遣するというものです。

“新潟市の農業支援外国人受入事業” の続きを読む

年齢差40才(夫89才、妻49才)で妻に配偶者ビザ

実際にあった事例を紹介します。

年齢差が大きくても、夫が高齢であっても、「日本人の配偶者等」の認定証明書が交付される可能性はあります。

確かに、年齢差があると入管は結婚の信憑性について慎重に審査します。しかし、年齢差は決定的なマイナスではありません

“年齢差40才(夫89才、妻49才)で妻に配偶者ビザ” の続きを読む

実子ではない子を呼び寄せる方法

兄弟姉妹の子など、あなたの実の子ではない子を日本に呼び寄せて育てる場合、子に認められ得る在留資格をご紹介します。

それは、家族滞在、定住者、留学の3つです。では順番にみていきましょう。

“実子ではない子を呼び寄せる方法” の続きを読む

新法でどう変わった技能実習制度〜わかりやすく解説します

技能実習生受入れを検討しているが、まずは大づかみに新制度の概要を知りたい、という方に向けた記事です。

<この記事のポイント>

  • 技能実習生受入れまでのステップ
  • 6つの主要改正点
  • 技能実習生受入れ枠の拡大

“新法でどう変わった技能実習制度〜わかりやすく解説します” の続きを読む