Blog

ご存知ですか?「国際業務」が「人文知識」の基準で審査されるケース

技術・人文知識・国際業務のうち、「国際業務」カテゴリーとされている仕事であっても、実務経験が不問となることが通訳・翻訳以外にもあることをご存知ですか?入管の審査要領をもとにご説明します。

続きを読む ご存知ですか?「国際業務」が「人文知識」の基準で審査されるケース

(速報)入国制限が緩和されます!まずは、ベトナム、タイから

従来、国は人道上の理由などの特段の事情がある方以外の上陸は認めない としていましたが、このスキームを利用した方の上陸についても特段の事情があるとして許可されることになります。まずは、ベトナムとタイから。

取り急ぎお知らせします。

出入国在留管理庁
  新型コロナウイルス感染症の拡大防止に係る上陸拒否について   
上記文書の(注2)に記載があります。

外務省
 国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について  

経済産業省
国際的な人の往来再開の段階的措置が決定されました    

わかりやすい!質問書の記入例とポイントを解説します

日本人の配偶者の申請で、皆さんが面倒だなと感じていらっしゃるのが質問書ではないでしょうか?実際の質問書をもとに何をどう書くかについて分かりやすく解説します。

続きを読む わかりやすい!質問書の記入例とポイントを解説します

その話、本当? 入管手続には変なウワサがいっぱい

外国人に限らず、行政書士の間でも入管手続について根拠のないウワサがまことしやかに広まることがあります。

ウワサは、日本で長く生活している外国人の知り合いから、また聞きのまた聞きで伝わるケースが多いようです。

信じたくなる気持ちは分かりますが、おおくは根拠のないものです。気をつけてください。

ウワサにまどわされて、たいせつな在留資格をだいなしにしないでください。

ウワサには根拠がありません。だれそれが言っていた、みんなそう言っている、知り合いが手続したときはそうだった、などなど。個人のとぼしい経験にもとづいた責任のない発言です。

根拠は、法律、審査要領、通達、入管の回答などです。個人の経験、推測は根拠になりません。

あなたの聞いたウワサに根拠はありますか?


その話、本当? 入管手続には変なウワサがいっぱい

新型コロナ禍で解雇・自宅待機!そんなときの入管手続ガイド

新型コロナ禍の影響で、解雇、自宅待機などとなった方への救済策があきらかになりました。対象となるのは、技術・人文知識・国際業務、技能、特定技能などの就労資格全般です。ただし、技能実習は除かれます。

続きを読む 新型コロナ禍で解雇・自宅待機!そんなときの入管手続ガイド