なにはともあれ、まずは在留カード

外国人を雇用するときの面接では、なにはともあれ最初に在留カードで在留資格を確認することが大切です。