外国人学生のインターンシップ

外国人学生がインターンシップを希望する場合の在留資格をまとめました。簡単なフローチャートをたどるだけで必要な在留資格がわかります。

インターンシップ

留学生

日本の大学や専門学校に留学している方は、給料の支払いがあれば資格外活動許可が必要です。給料の支払いがなければ「留学」の在留資格のままで活動できます。

※ 外国の大学にも籍があって、かつ、給料の支払いがある場合で、週28時間を超えての就労を希望するのであれば、「特定活動9号」もしくは「特定活動12号」への変更が必要です。「留学」のままではいけません。

留学生以外

「留学」の在留資格をもっていない外国の大学生にインターンシップで働いてもらう場合には、それぞれの活動内容に応じて「特定活動9号」「特定活動12号」「文化活動」「短期滞在」が用意されています。

就労先の会社が、入管に在留資格認定証明書交付申請をおこなってください。

この場合、外国の大学と日本の就労先の会社との契約書が必要となるなど、立証資料や審査ポイントは詳細に決められています。