入管・在留関係ニュース(2016/12)

先月末に、新聞各紙で入管関係のニュースが立て続けに流れていました。いずれも今後の検討課題ですが、注意深くウォッチしていきたいと考えています。

外国人の在留手続き期間、法務省がHPで公表へ(読売2016/12/24)

過去のデータを基に個別の状況に応じた実績を公表し、また、審査の進捗状況も確認できるようにする模様です。

有能な在日外国人、在留1年で永住権 対象の3分の2は中国籍か 政府が規定緩和検討(産経2016/12/25)

高度人材に限り、在留1年で永住許可申請ができる方向で検討されるようです。

在留資格をネット申請、対日投資促す 政府が18年度から (日経2016/12/22)

ネット申請の対象となる在留資格や申請内容は未定です。

また、外国人が会社を設立するときネックとなっていた銀行口座開設を司法書士などの口座で管理することで不要とすることも検討されるとのことです。