月: 2016年12月

同居は婚姻関係の実体を判断する一要素にすぎないとした判例

今回は、日本人の配偶者等の資格該当性について判例(京都地裁平27.11.6、判例時報No.2303)がどのような事実に注目して別居していても婚姻に実体があるとしたか、についてご紹介します。 日本人の配偶者に役立つ判例(同 …

同居は婚姻関係の実体を判断する一要素にすぎないとした判例 もっと読む »