日本人の配偶者等|質問書の書き方③|紹介者

外国人との結婚が紹介者をつうじてなされた場合、

質問書に紹介者と当事者それぞれとの関係

を書かなければなりません。

単純なケースは問題ないのですが、複雑なケースでは言葉だけで説明するとかえって混乱や誤解を生んでしてしまうことがあります。審査官にとって分かりにくい文章はマイナスの印象をもたれます。

そのような場合には、

別紙参照として図解で説明

する方法がおすすめです。関係者すべての相関図を提出する方法です。この図とともに言葉でも説明すると、格段に伝わりやすくなります。審査官に分かりやすく伝える、これを忘れないように心掛けてください。

次の記事もお勧めです
わかりやすい!質問書の記入例とポイント解説