再入国許可

【この記事のポイント】

  • みなし再入国許可
  • 再入国許可

みなし再入国許可

有効な旅券と在留カードを持っている方で、出国後1年以内、かつ、在留期限内に日本に再び入国し従前の活動を継続する場合は、原則として再入国許可を受ける必要はありません。

<備考>

  • 在留カードを必ず携行してください。ただし、入国間もないなど、在留カードをまだ受け取っていない場合は「在留カードを後日交付する」旨の記載がパスポートにあれば「みなし再入国許可」を受けることができます。
  • 再入国できるのは1年以内で、この期間は延長できません
  • 入国審査官に再入国する意図8表明してください。具体的にはEDカードにチェックします。(☐ 1.一時的な出国であり、再入国する予定です。

再入国許可

日本を出国後、1年以上あとに再び入国する予定の方は再入国許可を受けておく必要があります。再入国許可の有効期間は在留期間満了の日を限度として最長5年です。

<備考>

  • みなし再入国許可とことなり、日本領事館で延長の手続きが可能です。
  • 延長は1年を超えることはできません。また、当初の許可日から6年を超えることはできません。