在留資格が取消されるケースが増える!?

今の国会で入管法改正案が成立する見通しだとの報道があります。

今回は、主な改正点のうち、在留資格が取消されるケースが増えることについてご紹介します。

今の入管法では、「活動を継続して3か月行わないで在留している場合」を取消の対象としています。

※ 別表第一に掲げる活動のみ、例:技術・人文知識・国際業務、技能、技能実習、留学など

“在留資格が取消されるケースが増える!?” の続きを読む

どんなときに在留資格が取消されるのか?対処法は?

在留資格は一定の場合にあてはまると取消されることがあります。また、たとえ取消されなくても、更新や変更が不許可になることがあります。

どのような場合に取消されるのか、そしてその対処法を解説します。

取消の理由は大きく3つです。①虚偽申請に関するもの、②活動の中断に関するもの、③住居地の届出に関すること、です。

なお、永住者であっても取消しの対象になりますので注意してください。

“どんなときに在留資格が取消されるのか?対処法は?” の続きを読む

住所の届出は重要!罰金や在留資格が取消されることも

住所

在留カードによる中長期在留者の在留管理制度の下では、法務大臣がその住所関係を把握することは必要不可欠とされています。

ですので、中長期滞在者にはその住所地の届出義務を課し、届出を怠った場合には重いペナルティーが与えられます。

“住所の届出は重要!罰金や在留資格が取消されることも” の続きを読む