なんでもかんでも出せばいいってものではない!入管

「記載が虚偽と知りながら訂正せず申請したことが問題」「訂正できなければ今後も許可は不可能」

ある新聞社のネット配信記事で目にとまった入管のフレーズです。

記事は、不許可の決定をしたことについてのもの。相手は在留資格の変更を求めたシリア人。

それによると、原因は提出した書類。娘の生れた年が実際よりも1年おそかったとか。このシリア人の来日の時期からすると実子ではない。嘘の書類を出した、というのです。

1.提出する書類はよく吟味して

よくあるのですよ。よかれと思って提出した書類が仇(あだ)となる、というケースが。

皆さんも気を付けてください。

おそらく、くだんのシリア人は娘を日本に呼び寄せたいので、先回りして、これはよくあることですが、親子なんだよとアピールしたかったのでしょう。

これが裏目にでました。生年月日の整合性を見落としていたのでしょうね。

入管における書類の信憑性は、申請人の信憑性とイコールです。

つまり、書類が正確なのだから申請人も信憑性もある、しかし、書類が正確でないと当然、申請人も信憑性なしとなるのです。

そして、一旦書類の信憑性を疑われると書類だけではなく申請人も信憑性なしとなり、この結果、申請人が出す書類はすべて信憑性なしといった、ぐるぐるの迷路に陥ってしまいかねません。

ですので書類はこわいのですよ。

※ 書類の生年月日が違うと知っていれば、申請の段階で生年月日が違うけれどもその理由はかくかくしかじか、といえば穏便になったと思います。つまり、不都合な事情はまずこちらか伝えるという姿勢が入管の姿勢を変えると思います。

間違いに気づかれず結果オーライもあるでしょうが、重箱の隅をつつくようなまじめで優秀な審査官にあたるとこんなことになりえます。

少しでも有利になればと、いろいろ資料を提出するのはいいことです。どんどん出すべきです。

でも、一旦提出したらすみずみまでチェックされ、あらさがしされることも想定したうえで提出してください。

つまり、提出する書類はこれでもか、これでもか、くらいにしっかりと確認してくださいということです。

2.では、何をどこまでだすのか

入管のHPに書かれているものしか出さないという姿勢、積極的にアピールするため他の書類も出すという姿勢、どちらがいいのでしょうね。

迷いますよね。

私はこう考えています。

入管のHPにあるものは必須ですから、出す出さないの議論の余地はない。出さなければならない。

でも、それを出したことによって、ある疑念が入管に浮かぶかもしれないものもあります。

それは、名前のスペル、住所、生年月日などが違う!いずれも同一の人とは思えない場合は要注意です。(この場合、名前、生年月日、住所は本当に大切です)

もし、これらに違いがあるのならば、他の書類でその疑念を消なけらればならない。しかも、時間が区切られる。

他の書類?

もう、ここからは本当に個別の世界です。私も依頼者と一緒に悩んで、そして前に向かっていくしかないのです。

3.つけたし

国によっては書類の訂正ができないこともあります。そんなときは、なぜ訂正ができないのかを、外国の役所からよく聞いて入管に説明する文書を提出してください。

事実と異なると知っていながら、まぁいいか、と提出するのは論外です。

 

ご参考になれば幸いです。

新潟市中央区女池南2-2-10-2C 佐々木啓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です